fc2ブログ

ランチャーアプリ「Albert」も試したら、インストールに手間取ったもののmoebuntuにベストマッチかも?

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

先日レッツノート用にランチャーアプリ「Ulauncher」は結構いい感じで気に入りましたを試して結構気に入ったのですが、ついでなので、同様のランチャーアプリ「Albert」も仮想環境で試してみました。当初「Albert」はmoebuntu的に私の評価は高くなかったのですが、弄っていくうちに事情が変わりました。

Albertを試した様子(マッチはしていない)
Albert


\もしよかったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

Albertのインストール

Albertサイトからalbert from home:manuelschneid3r projectへ行くと、PPAによるインストール方法が書かれています。

ここで「Ubuntu」を選ぶと、「Add repository and install manually」のリンクが出るのでクリックします。

Albert

ここでUbuntuのバージョンごとのPPAによるインストールコマンドが出ているので、

Albert

スクロールして「For xUbuntu 20.04 run the following:」を参考に、端末(Ctrl+Alt+T)を開いて以下を入力適用すればOKのはずなんですが…。(Terminal~$)

echo 'deb http://download.opensuse.org/repositories/home:/manuelschneid3r/xUbuntu_20.04/ /' | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/home:manuelschneid3r.list
curl -fsSL https://download.opensuse.org/repositories/home:manuelschneid3r/xUbuntu_20.04/Release.key | gpg --dearmor | sudo tee /etc/apt/trusted.gpg.d/home_manuelschneid3r.gpg > /dev/null
sudo apt update
sudo apt install albert

Albert

Albert

2行目で「curl」がないと怒られたので、そのまま端末で以下を入力適用して「curl」をインストールします。

sudo apt install curl

そして改めて、2行目「curl -fsSL 〜」以降を再度入力適用して進めます。

curl -fsSL https://download.opensuse.org/repositories/home:manuelschneid3r/xUbuntu_20.04/Release.key | gpg --dearmor | sudo tee /etc/apt/trusted.gpg.d/home_manuelschneid3r.gpg > /dev/null
sudo apt update

Albert

が、「w: GPG エラー」の表示が!?

リカバリー

結局Alfredの代わりとして使えるLinux向けのランチャーAlbertのインストール手順と使い方に書かれているPPA(参照元は同じopenSUSEのBuild Serviceのはずなんだけど?)で無事インストールできました。

curl https://build.opensuse.org/projects/home:manuelschneid3r/public_key | sudo apt-key add -
sudo apt update
sudo apt install albert

うまく行った様子
Albert

起動と設定

初回起動時「ホットキーやエクステンションの設定をするように」との画面が出るので「OK」ボタンを押します。

Albert

初期設定

設定画面が開くので、「Hotkey:」を設定します。

Albert

そこで「Ctrl+Space」を押して設定しました。ついでに「Autostart on login:(ログイン時に起動する)」にもチェックを入れておいたほうがいいでしょう。

Albert

エクステンションの設定

「EXTENSIONS」タブを開くと、検索する項目を指定できるので、

Albert

取り敢えず、「Applications」と「Files」にチェックを入れました。この辺りは「Ulauncher」よりも簡単ですね。

Albert

使ってみる

設定した「Ctrl+Space」で検索窓が開きます。

Albert

試しに「g」と打つと以下のように候補が出てきます。

Albert

スクロールすると「ファイル(フォルダ)」なども出てきます。

Albert

「ge」まで入れると「gedit(エディタ)」がヒットします。

Albert

萌え萌えにできる?

設定画面は萌えテーマが適用できるのですが、「Theme:」は独自のもので萌えテーマが適用できないものの、

Albert

例えば「BrightMagenta」を選ぶと以下のような見た目になり、まあまあ悪くない感じです。

*「Amaount of results:(結果の表示数)」を最大の「10」にしてみました。

Albert

テーマのカスタマイズ

「Theme:」には結構選択肢があって、もしかしてお手軽に弄れるんじゃないかと探ったところ、「/usr/share/albert/org.albert.frontend.widgetboxmodel/themes」の中で「.qss」ファイルで管理されているようでした。これはQTのファイルとのことで、エディタで色を弄ればお好きな萌え萌えのテーマにすることができそうです。

近いうちにちょっと試してみたいと思います。Ubuntu 22.04 LTSのシェルテーマの萌え化など、やらなきゃいけないんだけどね。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

BH002アップしました

ようやくお休みはいりましたね。
Themeの方変わったこと教えていただいてありがとうです。
まだまだ、家族サービスもあるんですが・・・ww
大きく変わりがないので
BH002を、パパっと作りました。
https://mifmif.mydns.jp/masterkudo/?p=1410
問題があれば、コメントくださいね^^

Re: BH002アップしました

MifJpn(Alpha)さん、お疲れ様です。

テーマファイル更新していただきありがとうございます。
手間が省けて助かります。
プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック