fc2ブログ

Ubuntu 22.04 LTS実機にてWine 8.0インストールのリベンジを試みた結果orz

★画像アップ先の不調により、過去のエントリーで画像が見られないものが多数あります。もし画像の見たいものがありましたらご連絡いただければ復活するようにします。

前回Ubuntu 22.04 LTS実機にてWine 8.0インストールリベンジのためまず仮想環境で試してみた!で試して確認した後、実機にてリベンジを試みましたが、半年前のWine 8.0安定版が出ていたのでUbuntu 22.04 LTSの実機にインストールしてみた(失敗)orzと同じ状況でした。

そこで今回はとりあえずUbuntuソフトウェアから可能なWine 6.0をインストールしてみた様子も合わせてご紹介します。

ちなみにWine 6.0のインストールはうまくいったものの、その後【トラブル】実機のUbunru 22.04 LTSが再起動後‘tty1’から抜け出せない(未解決)!のトラブルに陥ったのでしたorz。

妥協して6.0になった様子
WINE 8.0インストール


\もしよかったらお願いします。/
●受取人の欄にmoebuntu★gmail.com(「★」は「@」に置き換える)で寄付(15円〜)できます。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
Amazonギフト券(Eメールタイプ)

Wine 8.0インストールの試み

32ビット アーキテクチャの有効化とWineリポジトリのGPGキー追加

sudo dpkg --add-architecture i386
sudo mkdir -pm755 /etc/apt/keyrings
sudo wget -O /etc/apt/keyrings/winehq-archive.key https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key

WINE 8.0インストール

Wineリポジトリの追加とキャッシュのアップデート

sudo wget -NP /etc/apt/sources.list.d/ https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/dists/jammy/winehq-jammy.sources
sudo apt update

WINE 8.0インストール

Wine 8.0のインストール(失敗)orz

sudo apt install --install-recommends winehq-stable

WINE 8.0インストール

妥協してWine 6.0のインストール

このままでは半年前と同じなので、今回は変わりに現状PPAの追加なしにインストールできるWine 6.0のインストールすることにしました。Ubuntuソフトウェアからインストールできますが、そのまま端末でやります。

sudo apt install wine

WINE 8.0インストール

Wineのバージョンを確認(wine --version)したところ、「wine32」をインストールしろと怒られたので、↓こちらのコマンドでインストールしました。

sudo apt install wine32

WINE 8.0インストール

問題なくインストールが終わったので、改めて↓こちらでバージョンの確認したら、「wine-6.0.3」の表示。

wine --version

WINE 8.0インストール

winecfgによる確認

winecfgで設定画面を開きグラフィカルな確認もしてみます。

winecfg

すると↓なんか「32ビットのwineserverでは使用できない」との表示が出ました。

wine is a 64-bit installation, it cannot be used with a 32-bit wineserver.

ググってみたところ、[Solved] WINE Error: Wine is a 64-bit installation, it canno - Linux Mint Forumsに既存の「.wine」を削除すればいいようなことが書かれていたので、元々あった「.wine」を念の為リネームしておいて、再度「winecfg」で確認すると、

WINE 8.0インストール

問題なく設定画面が開いて確認できました。

WINE 8.0インストール

この後のトラブルの考察

おそらくこのWine 6.0のインストールが、【トラブル】実機のUbunru 22.04 LTSが再起動後‘tty1’から抜け出せない(未解決)!につながったと思うのですが、インストール時のスクショを確認する限り、特段【トラブルから復帰】Ubuntu 22.04 LTS実機がtty1から復帰に成功!&おそらく原因判明!で判明した(推測)依存関係による「liblcms2-2」の削除に関する警告のようなものは無かった(?)ように思われます。スクショに漏れた部分であったのかもしれませんが少なくとも身に覚えがありませんでした。

怪我の功名あるか?

おそらく「liblcms2-2」の一旦削除(推測)により、依存関係が解消されたのではないかとの希望的観測があり、そのことから次回もう一度Wine 8.0のインストールを試みリベンジしたいと思います。このブログを書いている時点ではまだ試していませんが、結果が出れば答え合わせになると思います。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOY

Author:TOY
萌え萌えmoebuntu
ようこそ!
moebuntuサイト
moebuntu wiki
お気軽にコメントください。

Auto-Translate
最新記事
最新コメント
tweet
萌え萌えAD




月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリークラウド
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック